日本のピンボール賭博産業

り変化しました

パチンコ入門

パチンコゲームは、小さなスチールボールを利用するスロットのようなマシンで、パチンコ店からプレーヤーに貸し出されます。パチンコ玉は、賭け金と賞金だけでなく、一緒に遊べる記事です。ゲーム自体はかなり効果的に機能します。プレーヤーは、マシンに少なくとも1ショットをロードし、その時点で、マシン内部のクッション付きマレットに接続されているハンドルを押します。マレットはボールを金属トラックに送り、ボールが競技場に向かう途中で制御します。フィールドには小さなカップがあふれており、ボールが落ちたらプレーヤーに賞品をもたらします。逆に、ボールはベースのギャップに落ちます。キャッチャーに入ったボールは、マシンの前のプレートに異なるボールがドロップされるペイアウトをトリガーします。ゲームの背後にある考え方は、賢明な方法でボールをキャッチし、その後賞品と交換することです。

Pachinko Machines

パチンコ機の収益性

日本では賭けは違法です。パチンコ店は、それが機能するのを許可する正当なエスケープ条項を発見した可能性があります。
パチンコのゲームは、プレイヤーに現金で報酬を与えるのではなく、パック、靴、ガジェットなどの物質的な賞品を提供します。プレイヤーは、それにもかかわらず、通常パーラーの近くにある並外れた基盤でプレゼントをお金と交換することができます。警察はこれらの活動に耐えています。なぜなら、パーラー自身が祝福の取引を処理していないからです。以前は、マネートレードはヤクザマフィアによって制約されていました。しかし、それは過去数十年ではなく、警察の努力により変化しました。
現在、10,000を超えるパチンコ店があり、日本人11人に1人が一般客です。継続的な測定で示されているように、ゲームの遍在性は非常に発達しており、現在、日本の主要な自動車メーカーの10倍以上の数の個人を利用しています。興味深い事実は、ビジネスの大部分が、第二次世界大戦後の唯一の仕事の選択肢としてパーラーであると考えていた韓国人日本人によって運営されていることです。

 

いずれにせよ、最近のパチンコ店は、多くの個人と契約する業界としてだけでなく、日本の個人が休憩するための最良の目標として観察されているだけではありません。ゲーム自体は単純ではありませんが、さらに魅力的であり、多くの人がプレッシャーディスチャージ戦略として魅力的で価値があると感じています。先ほど言及したように、業界は毎年1500億ポンド以上を調達しています。これは、ラスベガスで発生する年間のベッティング収入の数倍です。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *